エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?



作品紹介

アメリカ史上最大(当時)の企業スキャンダル、エンロン事件を追ったドキュメンタリー作品。

全米第7位、世界第16位に急成長した巨大企業・エンロンが、巨額の不正経理・不正取引が発覚したため、わずか2か月で破綻するまでの経緯を描く。内幕を暴く内部資料や、元社員の証言によって事件の真相を浮き彫りにしていく。

監督は、政治や音楽など多彩なジャンルのドキュメンタリーを手がけてきたアレックス・ギブニー。カリフォルニアのエネルギー危機操作など、モラルのかけらもないエンロン経営陣の強欲さに言葉を失う。

エンロン


あらすじ

2001年10月、経済紙がエンロンと子会社の癒着を暴いたのを皮切りに、粉飾会計など不正な株価操作の事実が次々と発覚。そのスキャンダルによって株価は大暴落。負債総額が少なくとも160億ドル(約1兆9600億円)を超える、当時のアメリカ史上最大の企業破綻となった。

二重帳簿で生みだした多額の利益を横領していた社員2名。
そんな人間を、解雇するどころか逆に昇格させたCEOたち。自信たっぷりな口ぶりでジャーナリスト、アナリスト、大学教授までをもだまし続けた彼らは、単なる“金の亡者”以上の不思議な魅力を放つ。

それにしても電気の価格をつり上げるため、故意に発電工場をストップさせるなど、彼らの暴走には背筋が凍る。

エンロン [ enron corp ]

スタッフ

監督 : アレックス・ギブニー
脚本 : アレックス・ギブニー
製作総指揮 : マーク・キューバン 、 トッド・ワグナー 、 ジョアナ・ヴィセンテ
プロデューサー : アレックス・ギブニー 、 ジェイスン・クリオット 、 スーザン・モータメッド
コープロデューサー : アリソン・エルウッド
撮影監督 : マリーズ・アルバルティ
カメラ : ジョン・エルス 、 グレッグ・アンドラック
編集 : アリソン・エルウッド
オリジナルスコア : マット・ハウザー
アソシエイト・プロデューサー : ジェニー・エイアミス 、 ケイト・ホックマホン 、 クリスティーヌ・オマリー
製作進行 : グレッチェン・マッゴーワン
製作コーディネーター : アグネス・チュウ 、 アリ・ワッサースタイン
グラフィックス : ベン・ファイン
翻訳 : 清水昭男
字幕 : 松浦美奈
ナレーター : ピーター・コヨーテ
リサーチ・コーディネーター : エリッサ・バーグ
リサーチ クリスタル・ウィーラン
編集助手 : アルジャーノン・タンシル
カメラ助手 : ベン・ブラッドウェル


出演キャスト
元エンロン社員
ケン・レイ※本人出演
ジェフ・スキリング※本人出演
アンディ・ファストウ※本人出演
ジェフ・スキリング ※本人出演